受付時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!(無料)

国際税務ブログ

国際税務ブログ

海外子会社に対し必要資金を日本本社から提供する際の代表的形態として出資による方法と貸付による方法があります。このコラムでは海外子会社に対し、出資・貸付を行う際の税務上の留意事項について解説致します。

移転価格税制の文書化制度の中で最も主要な部分を占めるのが移転価格文書(ローカルファイル)になります。このコラムでは移転価格文書の基本的な構成及び文書化作業の進め方について解説致します。

移転価格税制の対策には経理部門だけでなく、実際にビジネスを行う部門においても当該税制について理解をすることが有効な対策を行うためには不可欠ということができます。このコラムでは、移転価格税制については何故ビジネスサイドも理解する必要があるかについて解説致します。

BEPSとは、Base Erosion and Profit Shifting の略称で、日本語にすると「税源浸食と利益移転」といい、現在の国際税務の潮流を理解するうえでは欠かせない概念になります。。このコラムでは、この言葉を聞いただけでは具体的にイメージしずらい概念について、初めて聞く方にも理解しやすい形で解説致します!

国際税務について、外すことができない概念の一つとして恒久的施設(PE)があります。ここでは、PEについて近年行われている国際的な規制強化を念頭に、基本的概念及び留意すべき事項について解説致します。

移転価格税制と並んで、税務調査における指摘事例の多い税制であるタックスヘイブン税制について、国際税務に馴染みのない方でも理解しやすい形で解説致します!

海外進出を行う企業が支店・現地法人といった法的形式を選択する場合に留意すべき税務上の取り扱いの違いについて解説致します。

2016年度税制改正で法制化された移転価格文書化制度について、海外展開を行う企業がどのような対策を行う必要があるのか及び対策しなかった場合のデメリットや具体的な対策の進め方について解説致します。

租税条約や外国税額控除を正しく活用しなかった場合、何故二重課税(税金の払い過ぎ)が発生してしまうのか?

移転価格税制の対策をしない場合のデメリットとは?何故、経理部門だけの対応では不十分なのか?

国際税務について海外展開を行う全ての企業が何故留意しなければいけないのか?留意しなかった場合のデメリットとは?

 

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せはメールで受け付けています。24時間お気軽にお問合せください。

面談をご希望の場合、近隣のお客さまであれば面談を実施することも可能です。
遠方のお客さまの場合、原則お電話(Skype)でのご相談となりますので、ご了承ください。

受付時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

Menu

インフォメーション

お問合せ・ご相談

お問合せはメールで受け付けています。
24時間お気軽にお問合せください。面談をご希望の場合、近隣のお客さまであれば面談を実施することも可能です。
遠方のお客さまの場合、原則お電話(Skype)でのご相談となりますので、ご了承ください。

受付時間/定休日
受付時間

9:30~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日

アクセス

〒104-0054
東京都中央区勝どき5-5-14
都営大江戸線勝どき駅徒歩7分